※高校生が上野クリニックで包茎手術受けるのはアリ?ナシ?【体験談】

【包茎手術体験談】上野クリニック本院(20歳男性)

キッカケは、仮性包茎の不潔さ

私が高校生の時、自分の友達の多くは剥けていて、自分は仮性包茎でコンプレックスがありました。それだけなら良かったのですが、たまに皮の先が赤くなり痒みを伴うことがありました。

心配だったのでネットでいろいろ調べると、どうやら細菌の影響で痒みが出ることがあるということが書いてあり、自分の場合もまさしくそれだと感じました。

更に、その細菌や汚れなどが、関係を持った相手の女性に悪影響を与えることがあると書いてあったのです。当時付き合っていた彼女に何かあったら大変だと思い、恥ずかしかったのですが、親に相談して手術を受けることにしました。

上野クリニックを選んだ理由

包茎手術をするにあたり、どの病院がいいかいろいろ調べました。費用は親が出してくれるものの、やはりあまり料金が高いところは気が引けました。

また、恥ずかしさもあり、普通の病院の場合、他の患者さんの目が気になったりといろいろ考えてしまいました。そんな状態が長く続き、なかなか決められずにいたのですが、前に買った成人雑誌の裏に上野クリニックの広告が載っていました。

包茎手術をほぼ専門に扱っている感じがしたので、いろいろ調べてみるとやはり同じような悩みを持った人が手術を受けていることが分かりました。

費用は若干高かったものの、やはり専門的に取り扱ってくれそうなので、上野クリニックに決めました。

上野クリニック本院の様子と受けたカウンセリング内容

早速上野クリニックに連絡をして予約を取り、向かうことになりました。電車で2時間ほどかかるのですが、その日のうちに手術ということでずっと緊張していました。

最寄りが鶯谷駅で、この時、生まれて鶯谷駅に初めて降りたのですが、周囲はかなりホテルが多い印象でした。少し居酒屋がごちゃごちゃしている駅前のすぐのところに、上野クリニックがありました。

初めは緊張のせいもあってなかなかクリニックが見つからず、駅の周りをうろうろしてしまいました。

マンションのようなオフィスビルにあり、中に入ると店内は薄暗く、何人かの人が待合室のようなところで座っていました。受付スタッフが男性で少しほっとしました。

受付を済ませしばらく待っていると、番号で呼ばれ、カーテンで仕切られた部屋に呼ばれました。そこには男性の医師の人が座っていて、受付をする際に書いた問診票を見ながら、いろいろ質問をしてきました。

そのお医者さんと思われる人は、慣れているのか結構淡々としていて、どちらかと言うと早く手術をしたい感じがしました。個人的にはまだ引き返すこともできるかもしれないと思っていたので、正直もう少し話をしたかったのですが、とてもドライな感じでカウンセリングが進んでいきました。

カウンセリングをして行く途中に、自分が高校生で、緊張していることが分かったのか、「結構仮性包茎で悩んで、ここに来る子もいるよ」と言ってくれました。

また「仮性包茎は病気では無いから、手術はしなくても良いのだけれど、手術した時のメリットは大きいよ」的なことを言われ、ここで初めて手術の決心がついたのを覚えています。

カウンセリングが終わると、すぐに手術をするということで、準備が始まりました。

受けた包茎手術の一部始終

その日のうちに手術なのは不安も大きいですが、ある意味覚悟も決められるのでいいのかもしれません。そんなことを考えているうちに手術部屋のようなところに案内され、下半身だけを脱ぐように言われました。

緊張していたのでうる覚えですが、手術前にまた少し手順を説明された記憶があり、「手術は局所麻酔で行われる」「電気メスを使って余った皮を切除する」「溶ける糸で縫合して1時間ほどで終わる」「その後何もなければ通院の必要は無い」ということを伝えられたのを覚えています。

手術を開始する際に、顔に布のようなものを置かれ、その後、長さを確認するためか思い切り陰茎を上に引っ張られました。そこで「〇〇cmくらいだね」と言われ、なんだか複雑な気分になったのを覚えています。(センチは非公開!)

そして、局部に麻酔を打たれました。思ったほど痛くなくチクチクした感覚を覚えています。その後、電気メスの機材で手術が始まりました。「ジジジジ・・」という音とおそらく皮膚が焼けている匂いがしてきました。

さすがに、布をとって見る勇気はありませんでした。その後、縫合らしき事をして、手術は完了しました。大体1時間位だったと思います。その間、痛みはほとんどありませんでした。

痛み止めと化膿止めの薬をもらい、また2時間かけて電車で帰りました。手術後で腫れていたようで、かなりズボンに違和感を感じたのを覚えています。

術後の経過と勃起時の激痛!

手術から1週間ぐらいは、お風呂は禁止。3日後位からシャワーは大丈夫でした。運動も1週間後から大丈夫なので、学校生活にはあまり支障は無いものの、包帯の交換はしなければならず、そこが少し面倒でした。

手術して次の日あたりには少し痛みが出てきたので、痛み止めなどを飲んでいました。しかし、3日後辺りから最大の痛みが襲うようになります。それは「朝立ち」の時です。

高校生の時なので、欲求不満から毎日のように朝立ちをしていたので、朝激痛とともに目が覚め、いろいろなことを考えながら一生懸命勃起を抑えていました。手術で傷ついても勃起をするなんて、我ながらなんて性欲だとも思いました。

でも、勃起をしている時だけでなく、普段からでも完全に皮がむけている姿を見ると何となく嬉しくなりました。結局腫れが続いた為、一度通院して見てもらいましたが、大事は無く、その後は縫合した糸も自然に取れ、晴れて一日中剥けた状態になりました。

現在の状態と包茎手術を受けて思う事

特に刺激等はなく、勃起した時もつっぱった感覚もなく、現在も問題なく日常生活とセックスライフを過ごしています。

今思えば、よく高校生が親に包茎手術をするなどと言ったものだと思っています。しかし、結果的には、包茎手術をして良かったと感じています。

特に、早い段階で包茎手術をしたので、昔の友人と会ったりすると、「すげー腫れてたけど、デカかったよな!あの大きさに戻りたいわ!」などと冗談のネタになったりします。

セックスライフのほうも、早漏気味だったのが改善して、長く楽しめるようになりました。何より良かったのはやはり、かゆみなどの病気が発生せず、相手にも病気などの負担をかける可能性が減ったことです。

もし包茎に悩んでいるのであれば、思っている以上に手軽にできるので手術してもいいと思います。

≫上野クリニック公式サイト≪

上野クリニック上野医院の詳細情報

・クリニック所在地・・・東京都台東区根岸1-8-18 高松ビル2F
・診療時間・・・10:00~20:00

高松ビル(2Fが上野クリニックです)

・クリニック詳細マップ

※上野クリニック公式サイトに行く→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする