※失敗?成功?大阪の上野クリニックで包茎手術受けたぞ!※体験談

【包茎手術体験談】大阪上野クリニック(24歳男性)

私が包茎手術を決意した経緯・・・

私の性器は、平常時は完全に亀頭が包皮に包まれていて、勃起時に亀頭が露出する一般的な仮性包茎でした。

勃起時に皮を剥く際に痛みを感じる事もなく、性行為も問題なく行う事が出来ていたので、絶対に包茎手術を受けなければいけない状態ではありませんでした。

しかし、銭湯や温泉を利用する際に周りの人に仮性包茎である事を知られるのが嫌で、堂々とする事が出来ない事にコンプレックスを持っていました。

また、普段は亀頭が包皮に包まれているので、恥垢や汚れが溜まりやすく、トイレをする時や自慰行為の際に感じていた嫌な臭いにも困っていた事から、包茎手術に興味を持ちました。

上野クリニックを選んだ理由

地元の神戸ではなく大阪にある上野クリニックを選んだ最大の理由は、包茎手術の有名・大手の病院で安心感があり、男性専門院である事や口コミの数が多く評判が良かったという点です。

地元神戸にも包茎を専門に取り扱っているクリニックがいくつかありましたが、上野クリニックより知名度や口コミの信憑性が低く、安心感を得る事が出来ませんでした。

性器というデリケートな部分の悩みだったので、多少アクセスに時間がかかっても安心感のある上野クリニックの方が良いかな?と感じた事が決め手となりました。

大阪上野クリニックの場所、院内の様子

地元のJRの駅から大阪駅まで電車30分程度、大阪駅からは駅前第2ビルの2階までなので、迷う事なく10分程度で行く事が出来ました。アクセスは良く、クリニック周辺がビジネス街で落ち着いている雰囲気となっていました。

このビルの2Fに大阪上野クリニックが入っています

ビル2階にあるクリニックの正面玄関は病院らしい清潔感があり、入りやすかった事を覚えています。また、受付も木目調のシンプルでオシャレなデザインでした。男性専門院なので受付のスタッフさんも男性で、入るなり爽やかな挨拶をしてもらえたり、対応も丁寧で安心感を得る事が出来ました。

来院時に受けたカウンセリング内容

来院予約をしていたからか、受付をするとすぐに診察室に案内してもらう事が出来ました。一般的な病院を利用する時とは異なる緊張を感じていましたが、担当の医師の方の丁寧な対応や優しい雰囲気からすぐにリラックスして悩みを相談する事が出来ました。

最初は自分の悩みや包茎をどうしたいかという点を中心に話を聞いてもらい、区切りの良い所で実際に性器を診察してもらうといった流れでした。

自分が話していた通り、仮性包茎である事を確認してもらったり、今の自分の性器の状態や包茎をする事で得られるメリットの説明が行われました。

触診・診察が終わると、次いで包茎の手術方法や必要になる金額の説明に移ります。先程の診察結果から、一般的な包茎手術方法であるナイロン糸を使用した切開術が良いと伝えられました。

手術費用が7万2,000円と思っていたより安く、後から追加料金を払う事もないといった明朗会計にホッと一安心した事を覚えています。特に迷う事もなく提案してもらった料金による包茎手術をお願いしました。

初めて来院した時に手術を受ける事も可能だと言われましたが、さすがに心の準備が出来ていなかったので、1週間後に手術を受ける事にしました。

私が受けた仮性包茎の手術(始まり~終わりまで)

再び来院した際には、前回は見る事が出来なかった手術室に案内されました。手術室といっても映画やドラマで見るような仰々しいものを想像していましたが、包茎手術なので手術台を中心に必要な医療機器が揃えられているといった意外と簡素なものでした。

手術前に担当の医師から手術内容の説明があり、一通り説明が終わるといよいよ手術の開始です。麻酔を打ち、麻酔が効いている事を確認すると余っていた包皮をナイロン糸で切開していきました。

麻酔が効いていたので、性器周辺を触られているといった感覚はほぼありませんでしたが、医師の方や看護師の方が作業をしているので、手術が行われている事は分かります。また、元から見るつもりはありませんでしたが、手術の様子は見えないように隠されていました。

無事予定した通り1時間程度で包茎手術は完了し、患部を包帯で包まれている状態となりました。術後は、スタッフの方から患部を触らない等の説明がありました。

トイレが出来ないかも?と思っていましたが、患部の包帯は亀頭の少し下に巻かれていた事や、思っていたより痛みがなかったので、問題なくトイレには行く事が出来ました。

痛みに関しては麻酔が切れた後も患部を刺激したり、寝ている時にうつ伏せになり体重がかからない限りはほとんどなく、ちょっとした違和感がある程度でした。

万が一、何かあった時でも上野クリニックでは24時間スタッフの方が待機しているというアフターサービスの説明もあり、安心して術後を過ごせました。

痛みを感じた時用の痛み止めのボルタレンを受け取り、手術を受けた当日に電車でそのまま帰宅する事が可能でした。手術後はさすがに違和感があり、なんとなく座る事が怖かったので電車内では座る事なく立ったまま帰宅しました。

術後の患部の状態・・・

包茎手術を受けた直後の数日間は、なるべく性器に刺激を与えないように安静にしていました。術後の事を考えて週末に手術を受けていたので、仕事をする事もなく2日間は基本的に自宅で寝て過ごしていました。

上記に記載した通り、痛みもほとんど感じる事がなかったので数日後には普段と変わらない生活を送っていました。術後数日は、説明があった通り患部に腫れたような感覚があったり、触ると多少の痛みがあったり、という変化もありましたが、1週間が経つ頃には何の問題もなくなっていました。

渡された痛み止めも使用する事なく過ごせたのは嬉しい誤算でした。手術当日や数日間はシャワーのみで患部を濡らさないように細心の注意を払う事に注意が必要でした。

デリケートな部分だったので、1週間に1回診察を受けてしっかりと診察をしてもらいました。手術後は1ヶ月4回ぐらい通院したと思います。

通院の必要がないとのお墨付きを医師の方からもらってからは、手術を受ける前と変わらない生活に戻っています。現在は腫れもなくなり、切開した事で余分な包皮もなくなり、平常時も勃起時も亀頭が常に露出している状態となりました。

痛みの次に不安を感じていた仕上がりも、かなり自然でパッと見ただけでは包茎手術を受けた事は分からないです。

私の場合、必ずしも包茎手術を受けなければいけないという状態ではありませんでしたが、手術を受けてから「あの時手術を受けていて良かった」と今でも思います。

気になっていた性器の臭いが解消されただけではなく、銭湯や温泉にも恥ずかしがる事なく入れるようになりました。今までは亀頭が包皮に包まれていた事で亀頭を露出している刺激に慣れるまではムズムズした違和感がありましたが、すぐに慣れれるので問題ありません。

クリニック選びで重要な事

性器というデリケートな部分のコンプレックスを周りに知られる事なく解消出来たので包茎手術を利用して良かったと感じています。手術の仕上がりからアフターケアまで包茎手術の大手である上野クリニックを選んで正解だったなと思います。

また、今から包茎手術を受けようと思っている方はクリニックのホームページや実際に利用した方の感想・口コミを徹底的に調べて「信用出来るかどうか」という点に気を付けてもらいたいと思います。

来院した際に、少しでも対応等に違和感があった場合は他のクリニックの利用を検討する事も選択肢の1つです。

≫上野クリニック公式サイト≪

大阪上野クリニックの詳細情報

・クリニック所在地・・・大阪府大阪市北区梅田1-2 駅前第2ビル2F
・診療時間・・・10:00~20:00

・クリニック詳細マップ

※上野クリニック公式サイトに行く→

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする